秘密の玩具箱

趣味や遊びを書き留めるブログです ややドール率高いです
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPドール ≫ なばなの里(2)

なばなの里(2)

なばなの里二回目です
今回はイルミネーション

最初にネタばれします、サブタイトル:後悔のイルミネーション

光の絨毯01

グラハム「5時半です、イルミ撮影いってみよう」
ミーナ「マスターものすごい人ですけど大丈夫ですか?」
グラハム「なんとか、スペース見つけてやるしかない」
ミーナ「カメラは三脚が必要ではないですか?」
グラハム「70DはISOが12800までいけるから手持ちでやるしかないね」

前のkissXでは出来ない撮影でした、70Dの性能を見よ

光の絨毯02

ミーナ「イルミネーション綺麗ですね」
グラハム「だね~待ったかいあったね」
ミーナ「アルちゃん達も今度連れてきて上げましょうね」
グラハム「次は人が少ない日を狙ってアルもつれてこよう」

ちなみに、今回はクロスフィルターを使用してます

ツインツリー01

ミーナ「二つのツリーですね」
グラハム「ここは昼間撮影した教会の前だね」
ミーナ「そうですね、真っ暗で教会は見えないのが残念です」
グラハム「ちょっと混んでるから教会は見にいけないね」
ミーナ「残念ですが次回のお楽しみにしましょう」

湖畔のイルミ01

ミーナ「ここも、お昼に撮った場所ですね」
グラハム「そうだね昼間に見たときとは雰囲気が違うね」
ミーナ「光の道を歩けそうな雰囲気です」
グラハム「ロマンチックなこというね」

何度も繰り返しますがロマンチックなミーナです

湖畔のイルミ02

グラハム「ミーナ、湖にイルミネーションが写ってるよ」
ミーナ「綺麗です、でも人通りが多くなってきましたね」
グラハム「ここまで混むのは予想外だったな」

この場所で子供連れの奥さんに話しかけられるフラグ
残念ですがりかちゃんじゃないんですよ~
大きさもお値段ももっとビックなDDといいます~と、説明しておきましたw

光のトンネル

ミーナ「ここはすごいですね」
グラハム「光のトンネルだって」
ミーナ「イルミネーションがなんだか暖かく感じます」
グラハム「メイン会場までずっと光のトンネルでつながってるだってよ」

ここからは、カメラだけじゃなくミーナも手持ちですその理由は↓

人人人

ミーナ「マスター人が多いですけど大丈夫ですか?」
グラハム「さすがに人の多さがしゃれになってないな」
ミーナ「どうします?」
グラハム「まあ、メイン会場まで行けば大丈夫だと思う」

ざっくり言って、人の多さはしゃれになってません
感覚的には9:30のディズニーランドですかね
ここからは、ミーナのポーズが固定にポージングどころか
カメラのランディングすら満足に出来ませんでした(過酷だ

富士山01

ミーナ「マスター、メイン会場が見えてきましたよ」
グラハム「おお~やっとか」
ミーナ「富士山ですか?」
グラハム「そうだよ、今年世界遺産に認定されたお祝いもかねてるんだって」
ミーナ「そういえば、私本物の富士山見たことないかも」
グラハム「今年の実家の帰りには見れるように考えてみよう」

富士山02
富士山03
富士山04
上から春・夏・秋で、最初のが冬がテーマになっているイルミネーションです

紅葉のトンネル

ミーナ「こっちのトンネルは赤いですね」
グラハム「こっちは、紅葉のトンネルだって」
ミーナ「そういえば、そろそろ紅葉の時期ですね」
グラハム「そうだね、今度いい場所探していってみようか」

湖畔03

ミーナ「こっちは教会の対面側ですね」
グラハム「そうだね、昼はこっち側から撮影してなかったね」
ミーナ「なんで撮らなかったんですか?」
グラハム「鉄骨がむき出しで撮影向きの場所じゃなかったんです」

ツインツリー02

ミーナ「最初の場所に戻ってきましたね」
グラハム「うん、つかれた」
ミーナ「大丈夫ですか?」
グラハム「大丈夫だけど次は空いてるときを狙おう」
ミーナ「そうですね、もっとゆっくり出来る日を狙いましょう」

以上でなばなの里でした
つかれた~

※今回の撮影では70DはISO10000です、さすがにノイズが目立ってますね
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
撮影お疲れ様です。
2枚目のイルミネーションを見つめるミーナさんいいですね。
光のトンネルもすごく綺麗ですが、
個人的に青いイルミネーションの方が落ち着いた感じで好きです。

なばなの里は名前は聞いたことはあるのですが
こんなすごい所だったんですね。
2013年11月08日(Fri) 00:25
No title
編集
イルミ撮影お疲れ様でした!
そういえばなばなの里のイルミネーションって全国的に有名でしたものね。
光のトンネルなんて人だらけじゃないですか!?
こんな場所でのドール撮影、いくら私でも躊躇してしまうレベルですよΣ(゚Д゚)
でも、これだけ混んでいれば、一人がドール撮影してても気が付かれない・・・かなw
子連れの奥さんには見付かってしまったみたいですがw
そのかいあってか、ミーナさん、光の国に迷い込んだお姫様みたいですっごく綺麗です。
イルミネーションは数ヶ月やってるのかな。
平日に行ってもかなり混んでそうですね^^;
2013年11月08日(Fri) 00:45
Re: No title
編集
あずちさんいらっしゃい~

> 撮影お疲れ様です。
> 2枚目のイルミネーションを見つめるミーナさんいいですね。
> 光のトンネルもすごく綺麗ですが、
> 個人的に青いイルミネーションの方が落ち着いた感じで好きです。
光のトンネルは圧巻でしたが個人的には湖畔から教会を見た方向が好きですね
イルミネーションっていろんな色がありますが青系は綺麗に見えますね

> なばなの里は名前は聞いたことはあるのですが
> こんなすごい所だったんですね。
自分も初めて行きましたが見所は色々ありました
今後は季節の花とかも見に行って撮影しようかなっと
あと、明治村にもまだ行ってないから行かないと
2013年11月08日(Fri) 21:08
Re: No title
編集
でぃあずさんいらっしゃい

> イルミ撮影お疲れ様でした!
> そういえばなばなの里のイルミネーションって全国的に有名でしたものね。
季節の花のほうはそんなに有名じゃないのにイルミネーションは有名なんですよね

> 光のトンネルなんて人だらけじゃないですか!?
> こんな場所でのドール撮影、いくら私でも躊躇してしまうレベルですよΣ(゚Д゚)
実は躊躇したけどここまで来たら後に引けないと、撮影しちゃいました

> でも、これだけ混んでいれば、一人がドール撮影してても気が付かれない・・・かなw
> 子連れの奥さんには見付かってしまったみたいですがw
いや~じつは結構注目されてました
でも気にしたら負けです、興味もって話しかけてくる人は意外と多いですね

> そのかいあってか、ミーナさん、光の国に迷い込んだお姫様みたいですっごく綺麗です。
次はドレスで撮影したいですがすいてる日を探さないとです

> イルミネーションは数ヶ月やってるのかな。
> 平日に行ってもかなり混んでそうですね^^;
イルミネーションは3月までやってます
1月の寒い平日なら少しはすいてると思ってまた撮影に行こうかなと
2013年11月08日(Fri) 21:18
No title
編集
撮影お疲れ様です!
かなり過酷な環境での撮影でしたね。
ここまで人が多い中撮影できるとはすごいですよ。

実は私は撮影中に話しかけられたことがないのです。
話しかけるな的なオーラでも出てるのですかね(笑)

赤いトンネルは不思議な感じがしますね。
色とりどりの光に包まれるミーナさん、とてもすてきですよ。
私も週末にイルミネーション撮影に行ってきます!
2013年11月08日(Fri) 22:45
( ̄□ ̄;)!!
編集
なんと 人類が多数確認される中 撮影したんですか
なんと言う......ドーラー戦闘数値 
オイラは 修行がたりませーーーん
2013年11月09日(Sat) 00:00
Re: No title
編集
メキタンさんいらっしゃい~

> 撮影お疲れ様です!
> かなり過酷な環境での撮影でしたね。
> ここまで人が多い中撮影できるとはすごいですよ。
過酷でした次はのんびりした撮影がしたいな~

> 実は私は撮影中に話しかけられたことがないのです。
> 話しかけるな的なオーラでも出てるのですかね(笑)
自分の場合、家電量販店とかにいても店員じゃないのにどっちのPCがいいか質問されたり
カメラの選び方を聞かれたりなぜ、店員に聞かずに見ず知らずの他人に聞くw

> 赤いトンネルは不思議な感じがしますね。
> 色とりどりの光に包まれるミーナさん、とてもすてきですよ。
ありがとうございます
ミーナもイルミネーションに満足してくれたのです

> 私も週末にイルミネーション撮影に行ってきます!
がんばってください、人が少ないことを祈って
2013年11月09日(Sat) 19:00
Re: ( ̄□ ̄;)!!
編集
かつーさんいらっしゃい~

> なんと 人類が多数確認される中 撮影したんですか
> なんと言う......ドーラー戦闘数値 
ははははh、わたしの戦闘数値は測定不能だ

> オイラは 修行がたりませーーーん
大丈夫、数回公園とかでの撮影すればすぐになれますよ
まずは、近くの公園で撮影です時間は4時間ぐらいかな
2013年11月09日(Sat) 19:04












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL