秘密の玩具箱

趣味や遊びを書き留めるブログです ややドール率高いです
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年11月
ARCHIVE ≫ 2017年11月
      

≪ 前月 |  2017年11月  | 翌月 ≫

WTCC

こんばんはグラハムです。
11月最大のイベントSUPER GT 第8戦 ツインリンクもてぎ(最終戦)に行ってきました。
いやはや、やっぱりレースを生で見るのは楽しいね。
今回は、友人たちと回ってレースを観戦しましたよ。
GT500は圧倒的な速さの23号車とシリーズチャンピオンをかけた37号車のバトルが熱かった。
GT300は速い4号車に対してブリジストン勢が勝負のタイヤ無交換・2本交換の戦略勝負、55号車は惜しかった。
とっても楽しいレースだったので来年も行きたいですね。

こんかは、その前に行ったWTCC日本ラウンドの記事です。

WTCC(世界ツーリングカー選手権)とは、FIA(国際自動車連盟)のツーリングカーによる世界戦です。
面白いのは、予選のタイムによりオープニングレースが1~10番手がリバースグリッドでメインレースが予選グリッド順でレースを行う。
しかも、ぶつけるのもぶつかるのも他のレースに比べて容認されているので、レース中にガツガツぶつかる、遅いマシーンを後ろからガシガシあてるなんてざらにある、ケンカレースなのである。
グラハムとしては、ホンダがCIVICで参戦している(ワークス体制)と、参戦選手の道上龍選手のファンというのもあって見に行きました。
道上選手というと、SUPER GTでホンダのGT500クラスのドライバーでもあり、ドラゴ・モデューロ・ホンダレーシングの監督でもあった、道上選手です。
ちなみに、ドラゴは道上選手のレーシング会社でもあります。
今回チケットが手に入ったというのもあり(日ごろはネット配信で見ている)見に行ってきました。

s-IMG_2205.jpg



ドラゴ・モデューロ・NSX(2016)を貼っておく。



レース1日目
早朝に家を出てツインリンクもてぎに8時ごろに到着
ここで判明する、レーススケジュールの変更(ネットを確認してなかった)本日のWTCC車両の走行は3時過ぎまでありません。
仕方ないのでのんびり準備して向かいました。
場内放送ではピエール北川を道上選手のトークショーが行われてました。
ピエール北川「道上さん、ここから見ると、道上さんの車、バラバラですよ。」
道上選手「今朝コンテナが届いて今マシーンを組み立ててますから、スタッフは徹夜でコンテナを待ってました。」

ピエール北川「道上さん、エンジンですよ、今エンジンが乗ってますよ。」
道上選手「いま、パイピングしてるのかな、リアはどうなってるんだろう?」
ピエール北川「バンパーがおいてありますけど、緑じゃないですか?」
道上選手「え?俺、ワークス昇格かな、来年はカストロールからで走りたいね。」(道上選手の車はバンパーが白に黒ライン、ホンダのトップチームは白に緑のラインのカストロールカラー)

ピエール北川「道上さん、準備本当に大丈夫なんですかね?」
道上選手「ほんと、金曜日のこの時間よりすすんでないわ。」
ピエール北川「でも安心してください道上さん、ホンダの看板出ましたから。」

いや、ピエール北川と道上さんのトーク面白いわ、ただし、聞いてるとレースできるのか不安になってくるけど。

そんなこんなしている間に、WTCCドライバーによるカート対決。
あるいみ、間近で選手を見れるチャンスなのでカートコースに向かいました。
選手は陽気にカートで遊んでました。
道上選手は電話したり、ほかの人のカートの世話したりして大変そうでした。
てか、アクセルペダルじゃなくてアクセルレバーでアクセル全開ってずるいですよ、たしかに、アクセルワイヤーには遊びがありますけどそんな全開方法があるなんてw。

そのあと、私は、ホンダコレクションホールに。
コレクションホールに行くのはずいぶん久しぶりなので中の展示がだいぶ変わっていました。
TAKATA童夢NSXの写真が撮りたかったんだけどな~残念。

そうこうしているうちに、WTCC車両の走行の時間が近づいてきたのでサーキットのS字コーナーに移動。
ついたら、ロータスカップの一日目決勝をやってました。
ロータスカップは一般ドライバーがロータスでレースするワンメーカーレースなので実力勝負が面白かった、なんせマシーン性能は互角なので腕勝負です。

WTCC車両が走る直前にまさかの雨
予報では雨でしたが、このまま持ちそうかなと思ってたところに、ぽつぽつと降ってきました。
道上選手はマシーンのあれこれが変わったらしく今日はドライで走りたいとコメントしてただけに残念。
すぐに、サーキットはセミウェッドコンディション、そそくさと、わたしも河童に着替えて、レインカバーをカメラにかぶせました。

s-IMG_0420.jpg

ワークスのカストロールホンダ


s-IMG_0483.jpg

ライバルのボルボ、こちらもワークス


s-IMG_0424.jpg

道上選手のホンダレーシング

ちなみに、こちらのCIVICは今話題の新型CIVICではなくヨーロッパ仕様のツードアCIVICです。
他のメーカー車両が4ドアなのでCIVICはハンディキャップでウエイトを積んでます。
そうこうしてるうちに、フリープラクティス終了


わたしも、車に戻って晩御飯を食べてもてぎのホテルのお風呂でゆっくりしてから寝ました。
ちなみに、ホテルのロビーではWTCCドライバーたちがテレビ局の録画したビデオを見て盛り上がってました。


レース2日目
土砂降りの雨でした、具体的には台風が接近してきてる系の雨です。
WTCCの白熱の予選を観戦、注目はポールポディションをホンダが取れるかとホンダがどこまで独占できるかでした。

s-IMG_1197.jpg

ダウンヒルストレートエンドの直前、ブレーキしてもタイヤがグリップしないのか止まらないようで大変でした。


ちゃんと覚えてないのですが、予選順位は確かホンダ・ボルボ・ボルボ・ホンダ・シトロエンだったかな。
そしてこのタイミングでカメラが完全に壊れました、写真は撮れるが白い光が入っちゃって写真として成り立たなくなりました。

決勝前のロータスカップは雨の中で走ってましたが、一台オープンカーの選手が・・・。
土砂降りの台風接近の雨の中オープンカーは度胸がいりますね。
車壊れなかったでしょうかと、余計な心配をしてしまいます。

WTCCのオープニングレースは、道上選手はエンジン交換のペナルティで16番手スタート、順調に順位を上げて11番手、10番手を抜くタイミングで10番手の選手と接触して12番手まで落ちる、しばらくして11番手になり10番手を狙うとまた接触という、ケンカレースらしいバトルで10番手フィニッシュ
メインレースは土砂降りも土砂降りでセーフティーカースタートしましたが、途中でセーフティーカー先導となり10周で赤旗レース終了でした、道上選手は序盤でコースアウトしてリタイアしてしまいました。
う~ん、全体的に今回のレースは雨に泣かされたレース展開だった。
そして、車で寝たせいで腕を痛めて右手の握力がほぼない状態だったので変えるのも苦労して帰宅しました。
大変なレースでしたが、観戦できてよかったです。
また来年も観戦したな~、ただ、もう雨は勘弁です。

最後にお気に入りの写真で締めます。

s-IMG_1508.jpg


今回はここまで、
また次回。


スポンサーサイト

スタジオ撮影

こんばんは、グラハムです。


早速ですがカメラが壊れました。

先週の土日であったWTCCの撮影にツインリンクもてぎに行っていたのですが。

決勝レース中にカメラがエラー20とエラー30を表示しましてレンズを外してみるとシャッター幕がめくれあがってました。

月曜日にカメラを修理に出して土曜日に修理から戻ってきました、ほぼオーバーホールをしてもらいました。

完全復活したカメラでSUPER GT最終戦の撮影に臨みたいと思います。


今回の記事は先日のスタジオ撮影会の記事です。

コメント形式でいきますよ。


s-IMG_9211.jpg

制服合わせでスタート

制服って事でモモとフィールの女子高生組できました。


s-IMG_9215.jpg

女子高生だけで固まってみました。

花の女子高生ですよw。


s-IMG_9221.jpg

モモちゃんは早速勉強してます。

優等生は日々の勉強を欠かさないのです。


s-IMG_9232.jpg

フィールは制服嫌いなのでラフな格好でくつろいでます。

シンメトリー構図を試しましたがバランが難しいですね。


s-IMG_9278.jpg

モモちゃんも部屋着に着替えてベットでウットリしてます。


s-IMG_9283.jpg

フィールも完全にくつろぎモード。


s-IMG_9284.jpg

仲のいい女の子二人がベッドでゴロゴロしてればイチャイチャするのは自然の摂理です。

フィールって結構甘えん坊なんだよね~。


s-IMG_9305.jpg

花に囲まれて微笑んでるモモちゃん、誘ってますね。


s-IMG_9323.jpg

植木を使ったシェード撮影をしてたのでマネしてやってみる。

これは面白かったので、いろいろなシーンで応用したいと思います。


今回はここまでです。

次回はWTCCの写真をアップしたいと思います。

では、またノシ