秘密の玩具箱

趣味や遊びを書き留めるブログです ややドール率高いです
2018年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2018年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ カメラ
CATEGORY ≫ カメラ
       次ページ ≫

撮影初め

こんばんは、グラハムです。


ドールたちのスペースの位置がちょっと悪いんですよ。

部屋にメタルラックで下からパソコン・テレビ・ドール・撮影小物やウイッグアイテムってしてるんです。

パソコンがフルタワーなのでだいぶスペースをとってテレビが椅子の目線より少し下ぐらいなんですが、ドールは立ってると目線のちょうどいい高さなんですが椅子に座ってパソコンをしてると、大分高い位置にあるんです。

そうするとね、ミニスカートの中が見えちゃうんですよ(エッチ)。

一応皆さん知ってると思いますが、うちではスカートが短いときはパンチラ防止でスコート・ドロワ―・スパッツで防御しています。

なので、パンチラはしないんですが、いま、うちのアイちゃんがミニスカートでスカートの中のピンクのスコートが見えててエロ可愛いです。


今年も、もう一週間が過ぎました。

今年の撮影初めは鳥でした。

いつもの地元の新河岸川で何か撮れないかなとカメラを持って撮影に行ってきました。

ちなみに、ドール初めは元旦にアンナを膝の上にのせてアニメ見たのでそれでw。


s-IMG_4975.jpg

さすがに真冬、風も強くて手がかじかむ中シグマの50-500をもって川に行きましたが鴨すらいない川。

みんな寒くてどこかに避難してるのかなと川原をうろうろしてたらアオサギが飛んできました。


s-IMG_4981.jpg

翼を何度もばたつかせるので、飛ぶか?っと、期待を込めてファインダに集中

その、数分後飛翔する瞬間を見事にとらえました。

わたしも、今年は飛躍の年にしたいので幸先のいいのが撮れました。


s-IMG_4982_b.jpg

風が強いので飛ぶのも一苦労なのかものすごい急ターンしてました。

しかし、いいシーンが撮れたので満足


s-IMG_5104.jpg

日を改めて同じポイントに行ったら、あれ?脱色されてるw

シロサギです、この辺では見ない子ですね。

白いのはコサギならよくいるのですが、大きい子は初めてです。


s-IMG_5116.jpg

シロサギですが、本当に真っ白いですね。


s-IMG_5119.jpg

ファンサービスなのかな?

川の上流から下流に行ったり来たりと飛んでいたので撮影がしやすかったです。


s-IMG_5149.jpg

青空にサギっていう綺麗な構図が撮れました。

この後に優雅に川の上流の方に飛び去って行きました。

いいもの撮れたw


s-IMG_5219.jpg

小さい鳥は、日が傾きだしたら水浴びをはじめましたね。

冬は暗くなるのが速い早い時間から寝る準備です。


今回は、今年の撮影初めの鳥を撮ってきたはなし。

まだ、ネタがないので次回はなにするかわかりません。

では、また、ノシ

スポンサーサイト

一年の振り返り(ドール)

こんばんは、グラハムです。


一年の振り返り、さっさと書かないから大みそかになってしまいました。

振り返りなので年内に完結しないとと思い書いてます。

今年は、仕事辞めたり、障碍者手帳取ったりといろいろありました。

来年は再就職めざします。

ドール関係は来年は二つ予定してるのがありまして

MDDのセミホワで一キャラオリジナルっこなんですが10番ヘッドで考えてますが形になるのはいつか分かりません。

もう一つは春までに一人お迎えしようかなと、こちらもオリジナルっ子ですが、今までいないタイプの子です。


今回も一年の振り返りで、ドール写真です。

写真枚数が多かったので月ごとのお気に入りを貼っていきます。


s-001.jpg


s-002.jpg


s-003.jpg


s-004.jpg


s-005.jpg


s-006.jpg


s-007.jpg


s-008.jpg


s-009.jpg


s-010.jpg


s-011.jpg


s-012.jpg


実はドール写真だけで1万枚以上撮ってました。

やっぱりドールは癒しですね。


今年一年ご覧いただきありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

一年の振り返り(無機物)

こんばんは、グラハムです。


もうすぐ年越しですね。

今年一年じっくり休んだので、鬱症状と不眠は大分回復しました。

来年は就職活動を進めていくつもりです。

障碍者手帳の3級を取得したので(発達障害の区分です)これを使って障碍者枠での就職を目指します。

仕事はやはりCAD関係につきたいと思っています。機械設計であればうれしいですが、無理せず働けるならば建築関係まで手を広げてみようかと思います。

就労支援センターの助けを借りる予定なのですが、いまいち助けになるか分からない様子なのでちょっと足踏みしてます。


今回は一年の振り返りで、花火・モータースポーツ・ガンダムの写真です。

貼り逃げスタイルだよ~。


001.jpg


002.jpg


003.jpg


004.jpg


005.jpg


006.jpg


007.jpg


008.jpg


009.jpg


010.jpg


011.jpg


012.jpg


015.jpg


014.jpg


013.jpg


今年もいろいろなもの撮りましたね。

モータースポーツはWTCCの34号車の道上選手の赤残しの白黒写真がお気に入りです。

ユニコーンは、サイコフレームのあふれ出る光を再現するのにクロスフィルターを使ってみました。

バックからのバーニアのクロスがお気に入りです。


年明ける前にドールの振り返りをしたいと思います。

では、また次回。




一年の振り返り(ネイチャー)

こんばんは、グラハムです。


3DCAD検定を受けてきました。

試験結果は1月に分かります。

ほとんど暗記するかたちで試験に臨みました、受かってるといいな~。

家でCADであそんでますが、3DCADは使えると面白いですよ。

3Dプリントの費用がそれなりにかかりますけど、3Dプリンター欲しくなりますねw


今回は12月になったので一年の振り振り返りでネイチャー系の写真で気に入ってるのを紹介します。

けして、ドルパ直前で更新が手間だから簡単に済ませようとか言うつもりではないのですよw


s-IMG_2427.jpg


s-IMG_2439.jpg


s-IMG_2982.jpg


s-IMG_3277.jpg


s-IMG_4715.jpg


s-IMG_4869.jpg


s-IMG_7654.jpg


s-IMG_7699.jpg


s-IMG_7477.jpg


s-IMG_7785.jpg


s-IMG_8137.jpg


s-IMG_8209.jpg


s-IMG_8345.jpg


s-IMG_8420.jpg


s-IMG_8463.jpg


s-IMG_4077.jpg


s-IMG_4246.jpg


今年は昆虫の撮影が楽しかったですね。

日ごろ気にしないのですが、ススメガ系を撮影できたのはよかったです。

カワセミは川口グリーンセンターをなわばりにしてるらしく、じっくり一日かまえれば季節のカワセミが取れそうです。

個人的にサボテンがお気に入りで棘のふわふわした感じを撮るのに苦労しました、もこもこ感が可愛いです。



次回は、ドール撮影の記事のつもりです。

また次回。

花火

こんばんは、グラハムです。


8月になりましたが、なぜか気温が一気に下がりましたね。

7月は30度を超える日ばかりで暑くて参ってしまいましたが、いきなり気温が下がってビックリです。

出かけやすくなりましたが逆に7月末から天候がよくなくて撮影に行けてません

次のドール撮影はオフ会になりそうです。

ドール以外では今週の土曜日に地元の花火大会があるのでそれに行こうかなと思ってます。

昔と変わってなければ、観覧ポイントのほぼ真上に上がるはずなので迫力のある花火が取れる予定です。


というわけで、今回は花火の撮り方について手法をまとめてみます。


s-_MG_7339.jpg


花火撮影に必要な道具は以下の物です。

カメラ:有線レリーズが使えてバルブ撮影ができるタイプの物

レンズ:使いやすいくて必要な画角のレンズ

有線レリーズ:シャッターコントロールには必須・無線やWi-Fiではダメ

三脚・雲台:機材の重量に負けないもの超望遠を使わなければ耐荷重3kg程度あればよい。

予備バッテリー:長時間カメラを起動しっぱなしにするので意外と電池切れになります。

こう見ると、普通に撮る分には特殊な機材は必要ないです。


s-_MG_7089.jpg


撮影方法ですが基本的にカメラを三脚固定で撮ります。

明るいうちにカメラをセットしておきます。

地図で打ち上げポイントを確認してカメラをそちらに向けておきます。

花火が始まったらカメラの左右と上下を微調整して打ち上げられた花火をマニュアルフォーカスでピントを合わせます。


s-_MG_7278.jpg


設定は絞りはF8~F11シャッターはバルブでISOは低く設定します。

基本的に花火そのものは明るく写るのでISO200~400で十分だと思います。

撮影の合間に撮った写真を確認してみてください、花火は火薬が上空で爆発するので煙が出ます。

煙に花火の明るさが反射すると白いもやもやになってしまいますので、その現象がでたらISOを低くするかシャッターを開いてる時間を短くしてください。


s-_MG_7336.jpg


撮影は、打ち上げの音か光で上がったのを確認したらシャッターボタンを押します。

花火が開き切ったらシャッターボタンをはなします。

これで、単発の花火は撮れます。

複数の花火を収めたい場合はシャッターボタンをその間押し続けなければなりません。

明るさを調整しながら好きなタイミングでシャッターを切ってください。


s-_MG_6977.jpg


アート花火写真というものがあります。

通常の花火撮影では長光露出をするため写真がぶれないようにカメラに触れないようにして撮影します。

逆にカメラに触れることで写真をブレさせることで通常にはない撮影をするのがアート花火と呼ばれる写真の撮り方です。

簡単なのは高倍率ズームレンズを最大望遠にして花火が開く瞬間にを狙います。

次にシャッターを開けたらゆっくりとズームを回して広角にもっていきます。

いちを合わせたらシャッターボタンを離します。

そうすると、ズームに合わせて花火の光が動くのでうまくいくと上の写真みたいにとれます。

ほかにも、超望遠レンズの三脚座を緩めて開いた花火にあわせてカメラを開店することで渦を巻いた花火の写真も撮れたりします。

撮影のコツは必要以上にカメラを動かして写真をブレさせないことが重要になります。


今回の記事は以上です。

またじかい、では