秘密の玩具箱

趣味や遊びを書き留めるブログです ややドール率高いです
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ エアガン
CATEGORY ≫ エアガン
      

破損

お久しぶりですグラハムです。


ブログネタが枯渇しております。

と、いうものの、鬱が悪化しまして、1月はほとんど活動できてませんでした。

先週あたりから、気分が上がってきたので、今週はジムに行ったり撮影に行ったりしたいですね。


ジムといえば、11月の段階でショルダープレスという、筋トレマシーンで88kgを上げてトレーニングできるレベルに回復しました。

ベンチプレスで90kgを上げてた高校時代の筋力を着実に取り戻していきます。

病院で聞いたのですが、鬱には筋肉を動かすことが一番効くらしいです。

少し気持ちが上向いてきたのでまた、筋力トレーニングとダイエットを始めたいと思います。

目標は80kgを切ることで現在87kgです。


今回のタイトルの破損ですが、グラハム愛用の電動エアガン

M16A4(東京マルイM16A2カスタム)を覚えているでしょうか?

こいつです。

M16A4_M203

こいつは、いろいろと自分でカスタムして手を加えて10年近く使ってます。

そして、先日メンテの際に破損がないかチェックしてたら

フロントのハンドガード、ハンドガードキャップ、ハンドキャリーがものの見事に壊れてました。

フロントハンドガードとハンドガードキャップはプラスチック製(おそらくPPだとおもうABSではなかった)上に、オプションレールを付けるために穴を拡張したりしていましたので壊れるべくして壊れる日がついに来たなと。

ハンドガードキャップは、実はあるトラブルで盛大に割れてまして、みんな大好きG17で接着して使ってましたが砕けましたのでこれも寿命だなと。

ハンドキャリーは金属製でしたので壊れたのはショックでした。

なので、今回これを踏まえてライフルの修理と改修を行うことにしました。

じつは、メインフレームをメタルフレームにしたのですが、カスタムを依頼したショップさんが最低限の加工しかしてなかったらしく、メンテナンス講座を受けた際に、この辺の突起は全部削って大丈夫だよと、言われたのでその加工を行うタイミングで現在改修作業を行ってます。

と、メカボックス以外をばらしてチェックしたところ、壊れていたのは先の3つの部品だけだったのと、それらの部品は、いわゆる外装パーツだったこともあり、お手軽に1万ぐらいで直せないかなと思って部品を探しました。

Amazonで部品を注文してまだ部品はそろってないのですが

とりあえず、注文した部品を紹介

ANS Optical クワッドレイル ハンドガード Free Float M4 10.5inch M4011-02 

フロントハンドガードがM203取り付けタイプからクワットレイルタイプに変更になります。

一昔前の主流のハンドガードで、現在は別のタイプが主流になってますがなぜこちらを選んだかというと、現在主流のKeymodレールシステムの方がスタイリッシュですが手持ちのM203を取り付けることができない、さらにつける場合レールマウントタイプのM203へ買い替えないとならないという、問題があり、今回クワットレイルタイプにしました。

ただし、東京マルイのM16A2にはそのままでは装着できないため

M4 リアルサイズ デルタリング 

イーグル模型 STハンドガードキャップ 

の、二つの部品を購入することに

デルタリングはハンドガードを固定するための部品なのですが、東京マルイはホビーメーカーでオリジナルの形状の物を使ってます。

しかし、今回のハンドガードは調べてみると実銃にも使えるパーツ、って事なので取り付け部分が実銃と同じ形状をしています。そのため、実銃と同じ形状のデルタリングを購入しました。

また、割れたハンドガードはおにぎり型の形状をしてましたが、今回フロントガードの取り付け部分は丸いため、ハンドガードキャップも丸いタイプに変更してます。

ちなみに、これらの部品を現物合わせで調整しながら組み付けてますのでこれら全部を買えば、そのまんまつくわけではありませんのでご注意ください。

と、いうかデルタリングはそのままでは付かないのでフロントバレルのパーツを今日1時間かけて削りました。

最初めんどくさかったので、G&Pのフロントパーツのアッセンブルセットにしようかなと思ったら3万もするので速攻でやめました。現物合わせで組み付けに自信がない方はこちらをお勧めします。


キャリーハンドル フルメタル  M4/16  ブラック

これは、壊れたキャリーハンドルの交換部品です。


実は、ハンドガードキャップがまだ届いてないので全部組み立て終わってないので完成してませんので、完成したら写真を上げようと思います。


しかし、この銃は外装部品でマルイ純正なのってフロントバレルとグリップとダストカバーだけになってしまった。


スポンサーサイト

相棒

こんばんは、絶賛ブログ放置中のグラハムです
あれですね、元々文字を書く事が苦手だからでしょうか
書くねたがあっても、まとまらないのです
せめて、毎週更新できるようにがんばります

今回は久々のエアガンネタ
GWに二回ゲームに行って来たので、それを記事にしようかなと思ったのですが
ゲームにはまり込むあまり、写真とってないじゃないか
てか、カメラ壊したくないからゲームフィールドに持ち込んでないよ
って、ことで相棒達の紹介の記事に

私、グラハムといえば
この銃
M16A4_M203

ベースはマルイのM16A2ですが、近代改修を加えてM16A4にカスタムしてあります。
さらに、CAWのM203(ロング)を取り付けてあります。
おかげで重量は脅威の4.5kg
さらに、フォートレスで、STD-AC カスタムを行っております。
その為、ロングレンジに強い中距離アサルトライフルになってます。
ハンドキャリーが変な位置についてると思う方もいると思いますが、
実は、近年のアメリカ軍の海兵隊ではトップレールドットサイトと高倍率スコープの組み合わせが主流になっているので
通常の持ち運びのためのハンドキャリーが正規の位置に付けられなくなっています。
その対策として逆向きにしてフロントレールに、取り付ける事が多いそうです。

元々、M16系ライフルにあこがれていたので、ライフルを買おうと思った時には、これしか考えてませんでした。
憧れの理由はハリウッド映画の影響が強いですね。
シュワルツェネッガーがコレを撃ちまくるシーンにはあこがれてました。


L96

続いてのライフルは、東京マルイのL96ASWです。
スナイパーにあこがれて、やはりボルトアクションライフルかとなり、購入
命中精度が高くなおかつ、ゲームでは後衛の時に使います。
ちなみに、自己最高の狙撃距離は82mです。
しかし、自分が性格的にスナイパーに向いていないので使用率は高くはないです。


P90S

室内ゲームでM16の取り回しが極限に悪いので
取り回しがよくてM16のバッテリーとマガジンを流用できる銃をってことで購入した東京マルイのPS90
本来はロングバレルなのですが、いらんと取っ払って
購入初日にM16系マガジンのアタッチメントに交換した銃です。
実在しない銃なので、名称はP90Sと呼んでます。
非常に取り回しがよくて、野外でも屋内でもメインウエポンになっています。
コレを使うときはフロントアタッカーの時が多いです。
使い勝手がいいので、よくレンタルされちゃってます。
当初はフロントにレールマウントつけて、モスカートランチャーつけるつもりでしたが、
取り回し考えて現在の状態です。


M56C

中国製エアガンのM56C
セミオートマッチで使える、ショットガンを考えたときに選んだ銃です。
購入したばかりであまり使い込んでないですが非常に使いやすい銃です。
作りもしっかりしているので中華製とはいえ、十分に実用に耐えます。
遊びとして、ショットガンがほしい方にお勧めの銃です。


以上、サバゲーの相棒達です。

ハンドガン

趣味は体力との戦いだ・・・

今回紹介はエアガン
サバゲーが趣味で今回は愛用のハンドガンの紹介

G18C-01

愛用の銃の中で最も長く使ってるハンドガンのマルイ製グロック18C(電動)
電動なので一年を通して安定して使える固定スライドのハンドガン
射程距離は短いがセレクターはセミオートとフルオートの撃ち分けができ
ゲームではサイドアームとして使ってますが室内戦ではメインウェポンです

連射速度は毎秒3発、標準マガジンを10秒で撃ち切る性能です
ロングマガジンでも30秒ちょいで弾切れです

G18C-02

最初に紹介したグロックと同じモデルでスライドを塗装したものです
室内戦ではこの二つで両手持ちでやってます
銃が軽いので片手で構えた時に不安定ですがゲームではハンドガンの
サイティングはスポットでやるので感覚がつかめれば扱いやすくていい銃です

F9A1-01

最近購入したベレッタM9A1で東京マルイのガスブローバックです
いわゆるベレッタM92系の海兵隊仕様でアンダーマウントレールがついてるので
オプションでライトやレーザーサイトが取り付けられます
ゲームではハンドガン戦やグロック(黒)の変わりに装備してます
グロックには無いブローバックの反動と銃の重さが決め手になり購入
ゲームでは頼れるサイドーアームです

いずれ、ゲームの様子も紹介したいと思います
では、また次回をお楽しみに