秘密の玩具箱

趣味や遊びを書き留めるブログです ややドール率高いです
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ドール
CATEGORY ≫ ドール
       次ページ ≫

あしがくぼ笑楽校撮影会

こんばんはグラハムです。

最近暑いですね。
暑すぎて撮影に出かける元気がなくなります。
朝早くか、夕方に撮影に行くしかないかなと思ってますが、午前8時で30℃超えて夕方も気温が下がらないので全然撮影に行く気になれません。
やはり、スタジオか、安いスタジオ撮影をするしかないのかw

今回の記事は、先日自分が企画したあしがくぼ笑楽校撮影会の写真です。
コメント付きはり逃げ方式で行くよ。

s-IMG_8648.jpg 
ピアノとミクで撮影しようと思ってたのですが、意外と難しい。
構図がいくつか思いつくのですがうまく形にならない。
結局無難にピアノに座らせることにしました。
音楽室は人気がありそうだったので2構図仕上げて撤退。
次回やる時はしっかり準備して撮影しましょう。

s-IMG_8665.jpg 
シンメトリー構図を狙って階段で撮影。
しかし、出来上がった写真が面白くなかったので、彩度を下げてモノクロにして緑と水色の彩度だけ戻して特定色残しの写真に仕上げました。
ミクっぽさが出てよかったかな。

s-IMG_8688mn.jpg 
体育館での構図
この構図は最初から狙ってたので出来上がりが良い。
ライティングも決まってるし、毎回これっ位きまると嬉しいのですがね。
※フィールはスポーツ少女でバスケ好きの設定があったのですが最近忘れられてますね。

s-IMG_8711.jpg 
これも、最初から考えてた構図。
これは、もうちょっと光の当たってるところと当たってないところでコントラスト強くした方がよかったかな。
そこら辺が追い込み切れてないですね。
しかし、子供用のバスケットボールって小さいのですね。

s-IMG_8726.jpg 
広角端を使っての撮影。
ボールが転がるので座らせるのが大変で大変で。
スパッツが見えないスカートの角度になると、太ももがなまめかしいですね。

s-IMG_8755.jpg 
委員会なんかで遅くなったミクをまってるフィール。
この構図も考えてたのですが、廊下を長く使わないと取れないのでタイミングが難しくく。
さらに、珍しくスタンドを使わないで立たせて撮ったので、ミクがなんとも倒れるという。
カーデガンがはだけてますね、慌てたのでそこまで気が回らなかった。
そして、パーカーで学校に来てるフィールというw

こんかは、貼り逃げスタイルでした。
好評だったのであしがくぼ笑楽校撮影会をまた11月あたりに企画しようかなと思います。
ひとがあつまるといいな~。
また次回ではノシ
スポンサーサイト

バラのお嬢様

こんんばんは、グラハムです。

申し訳ない、FF14が楽しすぎてブログの更新をサボりました・・・。
メインの職業がナイトで64レベルになりました。
正直、スキルの使い勝手がキーボードだと悪すぎてプチストレスです。
移動キーがAWSDで視点変更がマウスなので移動しながらのスキルはキー12345になります。
まだ、戦闘スキルが少ないナイトですから対応してますが、スキルが多い職業は対応できなそう・・・。
本格的に左手キーボード考えたいと思います。

今回は、サブレナさんとバラ撮影に行った記事です。
撮影が一か月前か・・・。

s-IMG_8479.jpg 
サブレナ「久しぶりにパーティドレスね。」
グラハム「バラはこの衣装で撮りたかったのですよ。」
サブレナ「そう言って、一ヶ月ぐらい撮影に連れて行かなかったわね。」
グラハム「天候と訓練所の兼ね合いで時間が取れなかったので・・・。」
サブレナ「むしろFFのせいじゃないの?」
グラハム「それが一番大きかったかもしれません。」
FF面白いんですよ、ロールプレイをきっちりやると世界観がより楽しいですし。

s-IMG_8487.jpg 
サブレナ「まあ、無理せずやっていきなさい。」
グラハム「あれ?今日はお優しいのね。」
サブレナ「そう?まあ、就職したらいじってあげるから、楽しみにしてなさい。」
グラハム「Yes ma’am。」
グラハムはMではありませんので、お間違え無いように。

このタイミングでバラ園に来てた女性二人組に声を掛けられました。
ドールに興味があるらしくしっかり布教しましたよw。

s-IMG_8499.jpg 
サブレナ「去年もこのバラで撮ってたわね。」
グラハム「はい、色合いが好みなので、そして探しまくってやっと見つけました。」
サブレナ「ミーナには合うでしょうけど、わたしには向かないんじゃない?」
グラハム「いえ、十分すぎるぐらい相性がいいと思います。」
サブレナ「で、ブラックバッカラで撮るんじゃなかった?」
グラハム「もう、花が落ちてました。結構早咲きのようです。」
サブレナ「のんびりしすぎたわね。」

s-IMG_8529.jpg 
サブレナ「やっぱりバラは赤が一番だと思わない?」
グラハム「たしかに、バラでイメージするのは赤ですね。」
サブレナ「そのイメージは、情熱の赤?血の赤?」
グラハム「生命の象徴の赤かな。」
サブレナ「砂漠のバラの短編小説読んでたわね。」
グラハム「in rosaですね、海外の小説なんですが、面白かったですよ。」
サブレナ「最近も銀河英雄伝説の小説読んでるし、基本本の虫よね。」
グラハム「本を読むのが嫌いじゃないからね。」
サブレナ「ラノベは読まないのにね。」
グラハム「ラノベは読むと疲れるんだよ~。」

と、今回はここまで
また次回、近日中にか行きます頑張って書きますから・・・。

牡丹と少女

こんばんは、グラハムです

FF14にはまりまくってブログを更新してませんでした。
FF14はナイトがレベル52になり所属しているFCのメンバーの協力もありアルテマウェポンを無事倒して、メインシナリオの最初のEDまで行けました。
ちなみに、へっぽこTANKなので全然活躍してません。
きりがいいので、ギャザラーやクラフターを育成しようと思ったら変なサブシナリオ踏んで事件屋という変態的なシナリオで大爆笑w
てか、ギルガメッシュ出てきたし、メインシナリオよりスタッフ気合入ってないかこれw

今日久しぶりに撮影に行きました、空いている日と天気がいい日がなかなか一致しなかったので久しぶりの撮影でした。
バラの撮影だったのですが、5月頭からサブレナさんをスタンバイしていてやっと連れていけました。
6月は学校撮影会の予定があるからそれに向けて準備しないと。
あと、今年も紫陽花の時期なので紫陽花撮影したいな~。

今回は、アイちゃんを連れて牡丹の撮影に行った話です。
てか、4月の撮影ネタなんだよねこれ・・・
もうちょっとコンスタントにブログ書きます。

s-IMG_8102.jpg 
アイ「おひさしぶりなのです。」
グラハム「今回のアイちゃんはおしとやか系です。」
アイ「スカートはお兄さんに作ってもらいました。」
グラハム「お手軽フレアスカートです。型紙なしで簡単に作れるようになりました。」

s-IMG_8119.jpg  
アイ「みてください、ボタンが満開です。」
グラハム「今日は特に何かを狙ってきたわけじゃなくて何かあればいいなだったんだけど、これはあたりだね。」
アイ「ボタンって大きな花なのですね。」
グラハム「アイの顔ぐらいあるね。」

s-IMG_8111.jpg 
グラハム「今回のお気に入り写真。」
アイ「すごく、印象的な写真になってるのです。」
グラハム「この後、カワセミ撮ろうとおもって持ってきた500mmが役に立った。」
アイ「すごい、大砲みたいなレンズなのです。」

s-IMG_8143.jpg 
グラハム「やっぱり、この座ってるこの構図が好きだな。」
アイ「アイもこの写真が好きなのです。」
グラハム「ただ、この時ものすごい風だったから髪の毛ぼさぼさだね。」
アイ「あわや飛ばされるところでした。」

s-IMG_8155.jpg 
アイ「最後は藤の花で撮影なのです。」
グラハム「しかし、フジは終わりかけだったね。」
アイ「そうですね、花が痛んでるのが多かったのです。」
グラハム「そして、熊蜂がブンブン。」
アイ「アイの頭に止まってるのです。」
グラハム「大丈夫大丈夫、刺さないハチだからブンブン。」
アイ「本当にブンブンすごくいってるのです。」

と、今回はここまでドール撮影でこの後カワセミを待ってみました。
取れたは撮れたのでカワセミもいい時期になってきたな
ただし、この後子作りするので次のカワセミのシーズンは6月末かな。
では、また次回ノシ。

ミク頭巾

こんばんは、グラハムです。

FF14はじめました。
サーバ:Ridill
キャラクタ:Graham Spencer
ヒューランのハイランダーで男で職業は剣術士ではじめました。
へっぽこTANKですが頑張ってます。
このゲームやることがいっぱいありすぎです。
とりあえず、チョコボゲットしました。

こんかいは、ミク頭巾で撮影に行った話です。
ちょっと、タイミングをミスってチューリップは終わりかけでした。

s-IMG_8037.jpg 
ミク「マスター、チューリップがきれいですよ~。」
グラハム「ちょっとタイミングが遅かったね。」
ミク「赤いチューリップは花が落ちちゃってますね。」
グラハム「白いチューリップは今が見頃だね。」

s-IMG_8045.jpg 
ミク「こっちの、ビオラは綺麗に咲いてますよ。」
グラハム「ビオラは植え替えたみたいだね、そしてミクは楽しそうだな。」
ミク「だって、最近着物ばかりで窮屈だったんですよ~。」
グラハム「そうだね、最近おとなしいポーズしか撮らせてなかったね。」

s-IMG_8058.jpg 
ミク「プププ、マスターw」
グラハム「ただいま、熊蜂にたかられております。」
ミク「ブ~ン、ブ~ンw」
グラハム「大丈夫、こっちから手を出さなければ刺されない、って事で撮影続行。」
ミク「ブ~ン、ブ~ンw」

s-IMG_8069.jpg 
オオカミ「いや~ミクはん、今日はあついでんな~。」
グラハム「オオカミ、貴様、しゃべれたのか・・・。」
ミク「知らなかったのですかw?」
グラハム「しらないよwww、まるで喋れて当たり前みたいな。」
ミク「世界の常識ですw」
オオカミ「と、いうわけや、グラハムはんもよろしくでな~。」

s-IMG_8075.jpg 
グラハム「ミク、そのオオカミ、焼いて食ったろうか・・・。」
オオカミ「そんな、わてくわれてまうてか。」
ミク「マスター、やめたほうがいいですよ、ペラペラですから食べるところないですし。」
オオカミ「ミクはん、ペラペラやなかったら、食べるんかいな。」
ミク「いや~食べないですよね、マスター。」
グラハム「まあ、まずそうだから食べないかな。」
オオカミ「わて、たすかった~。」

s-IMG_8078.jpg 
オオカミ「しかし、ミクはんええ天気やな~。」
ミク「そうだね~、気温も上がって暑いくらいだね。
   ところで、オオカミさん。」
オオカミ「やんや、ミクはん。」
ミク「そのしゃべり方変だよ。」
オオカミ「ガーーーーーン。」

以上、ミク頭巾のかいでした。
では、また次回ノシ

花見で子猫

こんばんは、グラハムです。

実はグラハムはキヤノンのフォトサークル会員です。
去年カメラの修理に出した時に会員価格で修理するために会員になりました。
会員になると専門の冊子が毎月届いたり、会員限定の撮影会に参加できたりするのですが。
こんかい、キヤノンのカメラレンズのモニターに応募して見事当選したのです。
ただいま、二週間EOS M5がキヤノンからレンタルされてましして、撮影してます。
使った感じは今のところ良好ですね、SIGMAレンズで50-500をアダプター使って撮影に使いましたが、AFが激遅になると精度が悪くなるとかはないです。
むしろ、AFに関してはタッチアンドドラッグとの組み合わせでファインダーを覗きながらでもAFポイントが自由自在に動かせるのがいいですね。
操作系は、慣れもありますがやはり一眼レフの方が余裕のある操作系になってる印象です。
センサーの性能なのかデジックの性能なのか写りはEOS 70Dより良く写ってます。

今回は花見に行った時の記事です。
相変わらずのグリーンセンターでアルを連れて行きました。

s-IMG_6944.jpg 
アル「にゃん。」
グラハム「本日の、アルはねこかぶってます。」
アル「お兄ちゃん、ねこはかぶってないの。」
グラハム「どちらかというと、ネコっぽくなってます。」
アル「にゃんにゃん。」
グラハム「ちなみに、猫耳は忘れました。」
アル「う~。」
グラハム「そして、日光がしっかり当たって暑いです。」
アル「お兄ちゃんコート脱いでいい?」
グラハム「暑いよね、こっちにしまっとくから貸しなさい。」

s-IMG_6959.jpg 
アル「にゃ~ん。」
グラハム「もっと、サクラで空がふさがる予定でしたが木が弱ってるのかスカスカでした。」
アル「飛びつくにゃ~ん。」
グラハム「そして、広角です。」
アル「広く空が写ってるのにゃ~ん」

このレンズ使うたびに思う、82mmのPLフィルター買おうかなって。
82mmのZX-PL買ってステップダウンリングで他のレンズに使えば効率的な気もしてるんですよね。
メインレンズの62mmはフィルターは全部そろってるけど、大口径レンズそろえるなら82mmで揃えてもいいかなと思ったり。
現在頻繁に使ってるレンズのフィルター径が下から。
62mm 72mm 77mm 82mm 95mm
なので、95mmは特殊フィルターなので82mmで揃えればフィルター枚数減らせるんですよね。

s-IMG_6965.jpg 
グラハム「たまに、この服着せると、アルは大人っぽく見えるよね。」
アル「お姉ちゃんぽく見える?」
グラハム「う~ん、どちらかというとおませさんかな?」
アル「う~~~、お兄ちゃんの意地悪。」
グラハム「アルは元気のよさが出るからな~。」
いい意味で、子供っぽいんですこの子は。

s-IMG_7045.jpg 
人が多くなったので場所を移動して去年ミクの千本桜を撮った桜の前に移動。
アル「入り口の方に来たの。」
グラハム「さっきの場所は、桜広場だから花見の人が多くなってきたから移動です。」
アル「人がいっぱい通るよ。」
グラハム「まあ、入り口はいっての通路だからね、でもここは記念撮影してすぐいなくなるから撮りやすい、ハイポーズ。」
アル「ビシって決めるの。」

当然、咲いてるので記念撮影にみんな使う木なので、木の一つとなりの芝生わきにあるを三脚で立たせてそこから、少し離れて望遠で抜く撮影です。
これなら、通路や木の前をふさがないのです。
この木の前で何人か記念撮影してましたけど、子供を座らせて斜め上から取ったら桜は写真に入ってないんじゃないかな?
桜ととるなら煽りで撮らないとだめですよ、ってものすごく言いたい(実際は言わないけど)。

今回はここまで、
次回はカワセミ写真でもあげますか。