秘密の玩具箱

趣味や遊びを書き留めるブログです ややドール率高いです
2017年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ドール
CATEGORY ≫ ドール
       次ページ ≫

図書館

こんばんはグラハムです。


ちょっと遅れましたが劇場版ソード・アート・オンラインを見に行きました。

この手の映画を公開の最初の土日に行くのですが今回は遅れました。

その理由は、近くの映画館で4DX2Dで上映するというのでそれの公開に合わせて見に行きました。

Twitterで騒がれてるほどS(すごい)A(アスナの)O(おっぱい)ではなかったですね。

ただ、4DXですがラストのキリトのアクションに合わせて座席が揺れるのがすごくよかったです。

演出的な面白さもあったので4DXでぜひ見てほしい作品でした。

ただ、ストーリ的にはSAOネタ切れかな?と、結局はお姫様を助けるナイトの話なんですよね。

お姫様が、バーサクヒーラーですが。

ただ、ガジェット端末としてオーグマーは欲しいですね、眼鏡型のAR端末はいろんなメーカーが開発してますが、実用化が待ち遠しいです。


今回は過去ネタから一昨年の11月に名古屋ボークスSRで撮影した時のを


_MG_9120.jpg

グラハム「この時はミーナと一緒だったな。」

ミーナ「懐かしい写真ですね。」

グラハム「本好きのミーナだからこの時も図書館的なスペースが映えた。」

ミーナ「ありがとうございます、活字を読むのってものすごく楽しいんですよ。

マスターも本をよく読まれてますよね。」

グラハム「まあ、俺が読むのは文庫か、ライトノベルか、専門書だけどね。」


_MG_9121.jpg

ミーナ「皆さん、最近は空いている時間はスマートフォンばかりですが、本を読むのもいいリフレッシュになるんですよ。」

グラハム「たしかに、最近電車でもTwitterや情報サイト巡りやゲームばかりしてるな。」

ミーナ「マスターは昔は出かける時は常に本を持ち歩いてましたよね?」

グラハム「実家に戻ってから本とかの箱は空けてないので読む本が最近まで無かった。

しかし、友人からライトノベルのシリーズをもらったから暫くは読む本に困らないぞ。」

ミーナ「しばらくとは?」

グラハム「一週間ぐらい、7冊もらったんだけど、もう2冊読み終えてます。」

ミーナ「マスターは読むスピードが速すぎるんですよ。」

グラハム「大丈夫、通しで3回は読むから。」

ミーナ「三週間ぐらいは持つのかな?」

グラハム「たぶん、2週間ちょっと。」


_MG_9122.jpg

グラハム「・・・」

ミーナ「・・・」

グラハム「・・・・・・」

ミーナ「・・・・・・あのー、私何か変ですか?」

グラハム「いや~おしとやかに本読んでると、ますますお嬢様だな~と。」

ミーナ「そんなんじゃないですよ。」


_MG_9125.jpg

グラハム「いや、どう見てもお嬢様でしょ、オーラが。」

ミーナ「どう見てもってオーラは見えません。」

グラハム「そうか、なら、オーラを感じるんだ。」

ミーナ「念の修行なら外でやってください、図書館ではお静かに。」


_MG_9131.jpg

ミーナ「ですから、そう見つめられると、恥ずかしいのでダメです。」

グラハム「え~。」

ミーナ「文句を言ってもダメです。」

グラハム「ほら、帰りにケーキ買ってあげるから。」

ミーナ「マスター怪しい人になってますよ。」

グラハム「自覚しております。」

ミーナ「自覚してるなら直しましょう。」


_MG_9137.jpg

ミーナ「そんなことより、マスター、古い楽譜がでてきましたよ。」

グラハム「音楽少女でもあるミーナなら弾ける?」

ミーナ「練習すれば何とか弾けそうですね。」

グラハム「そういえば、バイオリンが家にあったはず。」

ミーナ「エレキギターと一緒にしまってありましたよ。」

グラハム「今度弾いてる姿で写真を撮ろう。」

ミーナ「時期的には桜の木の下で演奏でしょうか?」

グラハム「もしくはチューリップの横とかかな。」

ミーナ「撮影に行くの楽しみですね。」



今回は、過去の撮影から引っ張ってきました。

また次回、内容は未定なのでどんなネタでやるかな?


スポンサーサイト

梅園撮影

こんばんはグラハムです。


ネネのヘッドメンテナンスのついでに、まつ毛をつけるカスタムを施しました。

ネネは眠り目ヘッドなのでキャッチライトなどで表情がつけられないのと

眠り目の影響で横顔の凹凸が少ないため、写真を撮った時のボリュームがすっきりしていたので、少し変化を付ける意味合いでまつ毛を付けてみました。

過去に、ミーナにつけたことがあったのですが、あまりに目力が強くなりすぎたので、外した経緯があったりします。

まだ、完成してませんが今回はうまくいったと思ってるので完成後の姿を近いうちに写真でお披露目できたらと思います。


今回は、無事に梅で撮影がぎりぎり出来たので、その記事になります。


お相手はフィールで所沢航空公園になります。


IMG_2922.jpg

フィール「グラハム、ちょっと言いたいことがあるんだけど。」

グラハム「ハイなんでしょうか?」

フィール「私の衣装見て何か言うことは?」

グラハム「着物バッチリにあって」

フィール「そこじゃなーーーーい、紅葉撮影からずーーーと、着物着てるんですが、これって着せ替えさぼりすぎじゃないですか。」

グラハム「その件につきましては、誠に申し訳ございません、ただ我が家で着物が似合うナンバーワンはフィールなので、紅葉・正月・梅と着物案件が続いたためさぼりました、ごめんなさい。」

フィール「他の子にも着物着せればいいじゃない、何で着せないの?」

グラハム「実は内々な話なのですが、我が家に晴れ着になる着物はその柄の二着しかありません。」

フィール「私が着てるのと、ちびっ子たち用のでしょ。」

グラハム「はい、そして、その着物を作るときにフィールに合わせて丈とか縫ってもらいました。」

フィール「で?」

グラハム「なので、ミーナ・サブレナ・ミク・レイティアがその着物を着ると丈が足りずつんつるてんに・・・。」

フィール「えええええ、みんな着れないの????」

グラハム「着せましたが、着れたのはフィールとモモの二人だけです、モモは着物向きの子じゃないので我が家では着物案件はフィールにすべて一任されるわけです。」

フィール「な、なるほど、つまり、晴れ着の着物がこれだけって事ね。」

グラハム「納得いただけましたでしょうか?」

フィール「まあ、納得かな、でも、次は着替えさせてよね。」

グラハム「了解であります。」


IMG_2913.jpg

フィール「うめ、綺麗ね。」

グラハム「タイミングは少し外したんだけどね。」

フィール「この前、行った所は全然咲いてなかったし。」

グラハム「先週末から今週頭が満開だったらしく、大分散ってます。」


IMG_2934.jpg

フィール「確かに、大分花はしおれてるね。」

グラハム「一番いいタイミングで忙しかったからね。」

フィール「でも、連れてきてくれてありがとうねハムハム。」



今回は、ここまでまた次回

では、ノシ

ミクライブ

こんばんは、グラハムです。


撮影に行ってないので、ブログネタが枯渇してるな~

と、思ったのですが、ブログ休んでる間の撮影分をアップすればいいんじゃないか

と、気が付いたので、少しコンスタントにブログをアップしていきたいと思います。

ざっくり一年も放置したので写真は大量にストックされてます。


今回は2016年の2月に名古屋電波塔のふもとで撮った時のネタを


_MG_9354.jpg


ミク「マスター、ちょっと懐かしい写真ですね~。」

グラハム「うむ、今回から過去にとってアップしなかったネタをやることにした。」

ミク「さぼってた時のネタ発掘ですね。」

グラハム「ぶっちゃけそうだ、写真のストックなら十分にある。」

ミク「で、今回はミクをライブ風にとってくれた時のですね。」


_MG_9374.jpg

グラハム「そして、個人的にこの時一番お気に入りの写真がこれだ。」

ミク「スポットライトに輝くミクを撮ってもらった時ですね。」

グラハム「そして、この写真一枚にたどり着くまでに20枚以上の没写真が。」

ミク「時間にして40分以上かかりました。」

グラハム「苦労した分いい写真になったと思ってる。」


_MG_9384.jpg

ミク「その後で少し移動した場所で再開したんですよね。」

グラハム「ミク、忘れてないかその直前に事件があったことを。」

ミク「何かありましたっけ???」

グラハム「ミクのツインテールの片側のゴムがいきなり切れて大騒ぎしたでしょうが。」

ミク「そうでした、大騒ぎしましたね、マスターがw。」

グラハム「いや~あの時は焦ったよ、まさかゴムが切れるとは。」

ミク「そして、テンションが下がったマスターは、写真のレベルも下がるのでした。」

グラハム「ソウデスネ、このポイントではほとんどまともな写真が取れてません。」

ミク「マスターのテンションの上げ下げは激しすぎるのです。」

グラハム「しかも、近くのトイレか何かが壊れたらしく途中から酷い臭いで。」

ミク「あああ、思い出したくないのでその話はなしなのです。」


_MG_9428.jpg

グラハム「そして、気を取り直して、ラストショットに。」

ミク「幻想的に輝く電子の歌姫」

グラハム「の、イメージであれこれ試した写真です。」

ミク「ところで、マスター、質問いいですか?」

グラハム「どうしたミク?」

ミク「この時の写真なんですけど、レンズの先端の部品を付けたり外したりと何をしてたのです?」

グラハム「ああ、あれは、レンズフィルターという効果フィルターを使ってたんだよ

この写真だとマルミのソフトAを使ってたんだけど、どの程度光をぼかして広げるか悩んでね

ソフトフィルターは、マルミのソフトAとソフトBを持ってるから、ソフトだけで3パターン

さらに、クロスフィルターとスノークロスという一枚目二枚目の写真に使った、フィルターを使ったりしして、あふれる光をバックにしたミクを撮ろうと苦労した。

しかも、裏がLEDの光だからカメラの露出計は役に立たないので、スピードライトとLEDライトを直感で当てて、最適露出を出してるからなお苦労した。」

ミク「でも、マスター、現像する時に明るさはいじれるんじゃなかったのですか?」

グラハム「いじれるにしても限度があるからね、元の写真を最適にして、現場で可能な限り写真を関係させるのが、俺のやり方」

ミク「そのおかげで、撮った写真がすごいことになってます。」

グラハム「この時は結局見せられる写真4枚の為に100枚以上撮って、2時間以上撮影してたからな。」

ミク「執念ですね、そういえばこの時にも珍事件がありましたよね。」

グラハム「はい、偶然ですが通りかかった痛ロードの人がドール者で、盛り上がりました。」

ミク「通り過ぎる瞬間にフルブレーキで止まって、話しかけられちゃいましたね。」

グラハム「その人はラブライブドールのオーナーさんだったらしいぞ。」


今回はここまで、また次回

次回は梅の撮影に行っていればそれを

行ってなければ、また過去の写真からネタを引っ張ってきます

では、また

ミク「バイバイ」


娘たち紹介3

こんばんは、グラハムです。

サーバーに使ってるパソコンの調子が悪いのです

Blu-rayを再生してるとぶつぶつ切れる感じで再生がとびとびになります。

いろいろ設定を見直していますが治りそうになくて絶望中です。

パソコンを組み替えるより、ちゃんとしたBlu-rayレコーダーを買おうかなと思ってしまいます。


今回も、引き続き娘たち紹介の第三弾

アイ・アンナ・エセル・マテリアの4人を紹介するよ


17_アイ 18_アイ

名前:アイ・アスティン

設定年齢:12歳

まっすぐな性格で気の強い女の子

ちびっこの中ではお姉さんタイプ

チャレンジ精神も旺盛で回りを引っ張っていく、タイプ

構成:ヘッド・ボークス01ヘッドセミホワイト肌(自作メイク)ボディ・MDDⅢセミホワイト肌(M胸)

備考:神様のいない日曜日にドはまりして、主人公のアイ・アスティンの自作キャラドール

最初にアニメを見たときにこの顔の輪郭は・・・・あ、01ヘッドだっとなり制作

赤いコート(初の自作服)と・麦わら帽子は用意したので墓守のショベルを今作成中です。



19_アンナ 20_アンナ

名前:アンナ

年齢:11歳→16歳

おとなしい性格で我が家のマスコット的キャラクタ

赤いフリルのドレスや赤いワンピースなど赤い服をメインに着せている

ミーナとサブレナに特になついている

構成:ヘッド・ボークスブラックジャック受注企画幼Midiピノコヘッド ボディ・幼SD(11歳時)SDMidi(16歳時)

備考:名古屋の幼女先輩の影響で幼SDほしいな~と思ってた時に、タイミングよくブラックジャックのコラボ企画で幼Midiのピノコをお迎えしました。

SDなので、扱いが慎重になりいろいろと連れて出かけるときに気を使ってます。

最初から銀髪赤目の赤いフリルドレスの子にしようと思ってたら、同じタイミングでKリターンオブキングスのアニメが始まり、あ、イメージしてた子ってKのアンナか・・・と、なった。

イメージ通りの服なんか売ってないので帰宅後、ひそひそとドレスを縫って作りました。

イメージ通りの子になったのでよかったよかった。

SDMidiでボークスに連れて行くと、店員さんはほとんどピノコだと気が付かない、ピノコをSDMidiにしてる人少ないのかな?



21_エセル 22_エセル

名前:エセルドレーダ

設定年齢:約6500万歳(まじか)

物静かで冷酷なタイプ

目的のためには手段を択ばない

契約者が絶対の考えで我が家ではサブレナと契約

サブレナにほかのちびっこが甘えてるのを見ると嫉妬している

あまり素直になれないタイプ

構成:ヘッド・ボークス09ヘッドセミホワイト肌(自作メイク)ボディ・MDDⅢセミホワイト肌(M胸)

備考:斬魔大聖デモンベイン/機神咆吼デモンベイン/機神飛翔デモンベインの登場キャラクターのエセルドレーダの自作キャラドール

ボークスから過去にMDDのエセルドレーダが限定で出ていたが、メイクが甘い感じなのとMDDホワイト肌だったことと、値段がプレミア価格になっていて手が出なかったことなどで自作でお迎え

ドレスも自作しましたが、手袋に難あり。

ボディ不足からボディはアイちゃんと共有



23_マテリア 24_マテリア

名前:マテリア

設定年齢:???

明るく笑顔な少女

(詳細なことはお迎えしたばかりで決まってません)

構成:フレイムアームガールズ・マテリア

備考:周りの神姫ブームに流されるようにお迎え

今年の春にはアニメもやるというからちょうどよかったのかな?

服はピコニーモの服が着れるということで着せてます

設定が様々あるみたいですが我が家では15cmの設定をそのまま採用

神姫っぽくジューデングレードルを作ってみたりしている

充電グレードルは壊れたiPhone5のバッテリー内蔵ケースを流用

先日、1/12武器シリーズからハンドガンとMk18Mod0とM82A2を購入して持たせてる

制服少女に武器っていいよ

アニメが始まるまでにオリジナルの武装を完成させたいと思ってる。

このままだと、イノセンティアもお迎えしそう。



以上で、娘たち紹介を終了です。

キャラで12体ですか・・・増えましたね。

今後どうなっていくか不明ですが、娘ともどもよろしくお願いします。

では、また次回

娘たち紹介2

こんにちはグラハムです。

今朝、室温が-1になってました。

昨晩から冷え込んでるなと思ったので

ホッカイロを足のくるぶしの上に巻いて寝ました。

この部分をあっためると血液があったまって、指先まで熱が回るそうです。



今回は、前回に引き続き娘たち紹介の第二弾

モモ・ネネ・ミク・レイティアを紹介します。



09_モモ 10_モモ

名前:モモ

設定年齢:17歳

世話焼きの幼馴染キャラとしてお迎え

フィールと対照的なインドア派

女子高生でカメラ部の部員なのでカメラを持ち歩いている。

フィールのクラスメイト

構成:ヘッド・ボークス受注限定ゼノサーガモモヘッド ボディ・DDSノーマル肌(M胸)

備考:初めての限定ドール(受注企画ですが)最初はノリと勢いで注文した。

ミーナとキャラが若干かぶってる気もしたけど、実際あまりかぶらなかった。



11_ネネ 12_ネネ

名前:ネネ

年齢:12歳

おとなしく、おっとりとした子

動物好きで、もふもふ好き

いつも眠たそうにしている(若干不思議ちゃん)

構成:ヘッド・ボークス03ヘッド(自作メイク) ボディ・MDDノーマル肌(S胸)

備考:DDの眠り目ヘッドの子がほしくてパテ埋めカスタムした子

基本的に寝てる子を作りたかったのでイメージ通りの眠り目カスタムができた。

最近、表面のサフが劣化してきているので全体的にメンテしてあげないといけないと思いつつまだやってない。



13_ミク 14_ミク

名前:初音ミク

年齢:18歳(うちでは一応この設定)

いろいろハイテンションな歌姫

色んな衣装で歌って踊る

本人はほかの子とのからみは少ないのが悩み(申し訳ない)

構成:ヘッド・ボークス受注限定初音ミクヘッド ボディ:DDⅢセミホワイト肌(SS胸)

備考:最初お迎えの予定は全くなかったが、現物を見た瞬間にお迎えが確定した子

かわいい感じだったらお迎えしないつもりだったのですが、結構ツンとしたメイクだったのが個人的にヒット

初音ミクがいるから雪ミクはスルーしたが最近それを若干後悔している



15_レイティア 16_レイティア

名前:レイティア

設定年齢:約500歳ぐらい

冷酷で残忍な性格

気に食わないものは、鎌で引き裂くか、牙で噛殺す

サブレナと犬猿の仲

構成:ヘッド・ボークス05ヘッドセミホワイト肌(自作メイク) ボディ・DDⅢセミホワイト肌(Lフラット胸)

備考:開口牙ヘッドを考えていて実現した子、開口後に裏からパテを当てて牙を張り付けた

DDⅢのボディがミクのしかなしか無いためボディはミクと共有、そのためレイティアがいるときはミクはいない

もっと、きついメイクにしたかったがなぜか、柔らかいメイクになってしまった、何回かやり直したがうまくいかないので妥協、イメージと違うが結構気に入ってる。



今回はここまで

また次回。